工場、倉庫、店舗、事務所、体育館、学校舎、住居、福祉施設のシステム建築

システム建築のよくある質問

システム建築のよくある質問

システム建築に関するよくあるご質問をまとめてご紹介します。

Qシステム建築とは何ですか?
A

建物の各部の納まりがあらかじめ標準化され、構成部材(※1)が規格化されている標準化建築です。

  • (※1)構成部材:鉄骨の柱、梁、また、屋根材、外壁材、建具等の建築物を組み立てる各部品の事です。
Q在来工法とシステム建築の違いは何ですか?
A

システム建築は建物の各部の納まりがあらかじめ標準化され、構成部材が規格化されている建築システムで、安定した品質を保証いたします。また規格部材は事前製作が可能な為、短納期、短工期での工事が可能です。一方、在来工法は一品生産であり、各部材の取り合い等を都度検討する必要がある為、性能にバラツキがあり、且つ種々業務に時間がかかります。

Qシステム建築を採用した場合、どのようなメリットがあるのですか?
A

建物を構成する各部材があらかじめ規格化されている為、高品質な建物を、短工期低価格で提供致します。

Qどのくらい実績があるのですか?
A

住金システム建築では、システム建築事業を昭和50年頃より展開しております。これまでの施工棟数は2,400棟以上です。(2016年3月現在)

Q地震、強風、積雪に強い建物ですか?
A

住金システム建築のシステム建築商品は全て鉄骨システムにノンウェルド工法を採用しています。これは、溶接を使わず高力ボルト接合にて柱・梁材を組み立てる工法で、鉄骨構造では一般的な溶接工法と比べて、品質が安定しており、地震・強風・積雪に対しても非常に強い建物です。阪神淡路大震災においても、当社システム建築は全く損傷無く、その高い耐震性を証明しています。

Q塩害に強い建物ですか?
A

住金システム建築のシステム建築商品の外装材の表面材にはアルジンク鋼板(アルミ亜鉛合金溶融メッキ鋼板)を使用しております。アルジンク鋼板は、アルミの対候性と亜鉛の耐久性を合わせ持ち、塩害に非常に強い材料です。さらに、FCパネル(押出セメント成型板)もご用意しております。ティオの鉄骨においては、溶融亜鉛メッキを施した仕様もございます。

Qどのような商品があるのですか?
A

住金システム建築のシステム建築商品には、「ティオ」「トレオ」「ラフィット」の3商品があります。

Qどのような用途の建物が対象ですか?
A

ティオ、トレオは主に「工場」「倉庫」「店舗」「事務所」のほか「体育館」にもお使いいただけます。ラフィットは「事務所」「店舗」「福祉施設(共同住宅)」「学校舎」が対象です。

Q何階建ての建物まで建てられますか?
A

ティオは平屋、トレオは1~2階、ラフィットは3~6階が対象です。

Q屋根・外壁はどのような材料でつくるのですか?
A

ティオ、トレオの屋根折板です。断熱性能が必要な場合は、断熱二重折板や断熱ボードを合わせる工法もございます。外壁は、金属系の角波サイディングの他、断熱サンドイッチパネル押出セメント成型板とバリエーションがあり、防火性能、断熱性能や意匠性等の要求性能に応じ選択頂けます。

ラフィットの外装は、ALC版が基本です。意匠性が必要なファサードには、アルミカーテンウォール金属パネル等もご用意しております。

Q鉄骨の防錆仕様は何ですか?
A

鉄骨防錆の標準仕様はJIS K 5621です。ティオでは、カラー防錆塗料(グレー、グリーン)を標準としており、仕上塗装無しでそのまま使用頂く事が可能です。また、亜鉛メッキ仕様もご用意しております。

Q工期はどのくらいですか?
A

システム建築は短工期である事が大きな特長です。例えばティオで倉庫( 1,500m²程度の建物)を建設する場合の工期ですと、現場工期は約2.5ヶ月、設計開始から引渡しまで最短4.5ヶ月での対応が可能です。これは在来工法と比較し、約20%の工期短縮となります。

Q他メーカーのシステム建築との違いは何ですか?
A

他メーカーと比べて、対象建物の用途が幅広い事と、基礎まで含めてシステム化している等、システムの範囲が広い事が大きな違いです。技術面では、鋼製地中梁採用の基礎システムやノンウェルド工法の鉄骨システム等、独自開発商品を採用しています。

Q認定工法ですか?
A

住金システム建築のシステム建築は三商品共、日本建築センターの認定等を取得し、性能・品質面のお墨付きを得ています。
ティオ:一般評定BCJ-S1949
トレオ:一般評定BSJ-ST0012(皿バネ柱脚)
ラフィット:技術審査証明第9904号

Q建物の建設工事一式をお願いできるのですか?
A

住金システム建築では、元請として建築主から建設工事一式を直接発注頂く事はしておりません。サブコンとして、躯体、外装などのシステムを元請建設会社に提供する販売形態です。建設工事一式でのご発注をご希望の際は、会員をご紹介いたしますので、住金システム建築会員の各社にご用命ください。

Q住金システム建築会とは何ですか?
A

住金システム建築会は、住金システム建築のシステム建築商品を取り扱う元請建設会社・設計事務所・商社特約店などの販売ネットワークです。

Qもっと詳しく教えてほしいのですが
A

TEL、メールにて弊社各窓口までお問い合わせください。

Q体育館の建築にシステム建築は使えますか?
A

はい、弊社のティオまたはトレオで対応可能です。

Q倉庫建築の費用はシステム建築の場合どのぐらいですか?
A

建築の諸条件により金額は大きく異なりますので、一概には言えません。概算の費用については無料でお見積いたしますので、下記フォームよりご依頼ください。

Q倉庫を建設するのでシステム建築の坪単価を知りたい
A

申し訳ございませんが、建設の諸条件によって金額は大きく異なりますので、坪単価で一概にお出ししていません。概算の費用については無料でお見積いたしますので、下記フォームよりご依頼ください。

Q工場を建設する場合、施工までの流れはどのようになりますか?
A

工場建築に限らず、弊社のシステム建築をご利用いただく場合につきましては「ご注文の流れ」ページで全体の流れをご確認いただけます。

Qフットサルコートや屋内テニス練習場などの運動施設はシステム建築で建築できますか?
A

はい、さまざまな屋内運動施設の建築にご利用いただけます。

Q会員ページのパスワードを忘れたのですが・・・
A

お問い合わせフォームより、お問い合わせください。 担当者より、折り返しパスワードをお伝えさせていただきます。