工場、倉庫、店舗、事務所、体育館、学校舎、住居、福祉施設のシステム建築

労働安全衛生方針

労働安全衛生方針

当社は、工事における安全管理を最優先課題ととらえ、当社の作業現場で働くすべての人々の安全と健康を確保するべく、災害撲滅に向けた快適な職場環境と安全衛生環境の整備と向上に努めます。

安全管理活動の目的は、作業現場でのひとつひとつの作業を安全にそして確実に実施し、そこで働くすべての人々が怪我なく1日の仕事を終え、無事に家に帰ることです。災害が起こることにより本人や家族、関わるすべての人々が悲しい思いをすることは絶対に避けなければなりません。

ただし、安全管理活動は当社だけで遂行できるものではありません。現場作業に携わるすべての人々が高い安全意識を常にもって心をひとつにし、協力して継続的に愚直に活動していくことが必要です。

当社は、新たに労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001を運用して、P(計画)、D(実行)、C(確認)、A(改善)のサイクルを回していくことにより、体系的に、発展性をもって安全管理活動を推進していきます。

当社は、システム建築業界における名実ともにリーディングカンパニーになることを目指して、安全最優先をもって無災害現場を作り上げ、当社の事業に関わるすべての人々に安心感と満足感を届けていきます。

安全管理目標「年間休業災害(度数率)ゼロの達成」

目標達成に向けての取り組み

  • 当社と協力会社が心をひとつにして確実かつ持続的な安全衛生管理活動に取り組む
  • 労働安全衛生に関する法令を遵守する
  • 計画的かつ的確な安全衛生教育を実施することにより、当社員・協力会社員の安全管理意識の向上を図る

2016年9月1日
株式会社 住金システム建築
代表取締役社長 生井 敏夫